卒業生の声

卒業生対談

昨年度、日出高等学校を卒業した先輩に学校生活のことを語っていただきました。

卒業生の声

なぜ日出に入ろうと思いましたか?

田端:学校の雰囲気が明るくて楽しい高校生活を過ごせそうだったのと、小学校から続けてきた野球と勉強を両立できると思いました。
今久保:芸能活動をしながらも大学に進学する卒業生がたくさんいると知って決めました。
小田:私も芸能活動と勉強を両立できる学校ならここしかないと思ったのが一番の理由です。
染谷:姉が日出高校の卒業生だったんです。毎日楽しそうにしている姿を見て「自分も!」という気持ちになりました。

日出の生活はどうでしたか?

山田:入学後すぐに行われるオリエンテーション合宿をきっかけに自然と友達関係ができていきました。
田端:部活に集中してしまうと勉強がいやになることもありました。その都度乗り越えられたのは、先生方がしっかりサポートしてくださったおかげです。部活を通して最後まであきらめずに頑張ることの大切さを学びました。
村山:授業を欠席する友達がいれば、その人のためにもしっかりノートをとったりするなど、助け合いの気持ちがみんな強かったです。
今久保:そうそう、とにかくクラスの雰囲気が良かったです。いい仲間に出会えました。
染谷:放課後のゼミに積極的に参加して、受験を乗りきった時の喜びは、何にも代え難いです。

学校生活の一番の思い出はなんでしたか?

山田:修学旅行が楽しかったです。友達とビーチで遊んでたときにハプニングがあったけど、すごく楽しかった!
村山:私たちの班もここでは話せないようなハプニングがありました(笑)。でも、それも含めてすべてがいい思い出です。
小田:文化祭などの行事が大好きでした。どの行事も生徒が主体となってできるから思い入れが強くなるし、すごく楽しめるんです。
染谷:部活と勉強を両立できたことです。最後までやり抜いて大きな達成感が得られましたし、自信にもなりました。

日出の先生との関係はどうでしたか?

田端:今考えてみると、ここまでやってこれたのは担任の先生の厳しい指導があったから。感謝しています。
今久保:ノートを提出すると誰にたいしても毎回心に響くメッセージを書いてくださる先生が印象に残っています。それまで不得意だった古典が好きになりました。
村山:数学が苦手だったけど、先生に認めてもらいたくて頑張りました。
山田:同じようなかんじです。部活の先生を越えたいという気持ちがあったから成長できたと思います。

受験生に向けて一言お願いします。

小田:今の自分のレベルなんて気にする必要ありません。本気になってやろうと思えば絶対できます。目標は高くもってください。
山田:英語は中学からしっかりやっておいたほうがいいと思います。基礎を総復習しておきましょう。
今久保:常に目標をもって頑張ってください。メリハリのある有意義な時間を過ごしましょう。
染谷:とにかくあきらめないことが大切です。あきらめてしまったらそこで終わり。そんなの、もったいないですよ。
田端:勉強も大切だけど息抜きも大切です。うまく息抜きができれば、勉強も頑張れます。