芸能・プロフェッショナルコース

芸能・プロフェッショナルコース

芸能・スポーツ活動と高校生活を両立。

「芸能活動が忙しくて毎日学校に通えない」「スポーツクラブの練習に時間を注ぎたい」
日出高校の通信制課程はそのような皆さんを応援します。芸能・プロフェッショナルコースは、皆さんの夢の実現をお手伝いしながら、高等学校卒業をサポートする新しいコースです。夢を追いかける皆さんに最適な環境を用意し、芸能プロダクションやスポーツクラブ、保護者の方と連絡を密に取りながら高校生活をバックアップしていきます。

特 徴

単位修得をしっかりフォロー/欠席サポート制度

日出高校芸能・プロフェッショナルコースには、土日には撮影やイベントがあり、普段のスクーリングになかなか出席できない、という生徒も多くいます。でも、心配いりません。芸能活動でスクーリングを欠席することになっても、それを補う方法が日出にはたくさんあります。

欠時補習

芸能活動で多忙な生徒にとって、一番便利なのが欠時補習です。スケジュールが空いている時間に登校して、指定の課題に取り組む、自習形式の補習です。1時間分から取り組むことができ、オフの日にまとめて何時間分も補習をする生徒もいます。

短期集中スクーリング

各学期末に行われる、芸能・プロフェッショナルコースだけのスクーリングです。通常のスクーリングは1日4時間ですが、この日は1日に8時間程度の授業を行います。

短期集中スクーリング 時間割(例)

  時間 1日目 2日目
1 9:00~9:45 芸術&情報 英語
2 9:55~10:40
3 10:50~11:35 理科 英語&国語 家庭科 理科&数学
4 11:45~12:30 数学
  12:30~13:30 昼休み
5 13:30~14:15 地歴公民 体育理論&保健
6 14:25~15:10
7 15:20~16:05 体育(実技) 国語&地歴公民
8 16:15~17:00

生徒は自分の履修や出席状況に合わせて、講座ごとに参加を申し込みます。たとえば、2時間続きの講座「英語」に参加すれば、「コミュニケーション英語Ⅰ」「英語表現Ⅰ」「英語会話」「英語演習」など、自分が履修している科目の、スクーリング欠席2時間分を補うことができます。

特別スクーリング

平日に行われるスクーリングで、校外授業や体験型の授業が中心になっています。週末は芸能活動で忙しいという生徒も、平日の特別スクーリングに参加して欠席を補うことができます。

特別スクーリングについて詳しくはこちら

活動が単位につながる/コース設定科目「スポーツ」「芸術演習」

スポーツ
「スポーツ」は、学校内外でアスリートとしてスポーツ活動をしている生徒のための科目です。ゴルフ、テニス、水泳、サッカー、スキー、スノーボード、フィギュアスケート、キックボクシング、モトクロスといったスポーツでの活動が、単位として認められます。

芸術演習
「芸術演習」は、芸能活動をしている生徒のための科目です。女優、俳優、声優、モデル、アイドル、ダンサー、アーティストとしての活動や、そのためのレッスンが単位につなげられるので、高校卒業という目標と芸能活動との両立が可能になります。

芸能・プロフェッショナルコースの Q & A

Q 芸能・プロフェッショナルコースには、どんな人でも入ることができますか?
A 芸能プロダクション、劇団、またはスポーツクラブなど、活動の拠点となる団体に所属していることが条件です。また、入学手続きの際には「所属証明書」の提出が必要となります。
Q 土曜日・日曜日にイベントや試合があり、スクーリングに出席できないこともあるのですが大丈夫ですか?
A 特別スクーリングに参加して補うことができます。その他にも、芸能・プロフェッショナルコースには、欠時補習や短期集中スクーリングという補習制度がありますので大丈夫です。
Q どちらのコースも学費は変わらないのですか?
A 芸能・プロフェッショナルコースは、補習制度が充実しているため、スタンダードコースよりも教育運営費が2万円高くなっています。詳しくは募集要項をご確認ください。
Q クラスはどのような雰囲気ですか?
A 様々なジャンルで活動している生徒なので、共に気遣い、支え合って過ごしています。良きライバルであり、良き理解者の友人が多くできます。

芸能・プロフェッショナルコースの対象となる分野(一例)

芸能活動/劇団/伝統芸能/音楽活動/サッカー/ゴルフ/テニス/ボクシング/格闘技/相撲/新体操/バレエ/水泳/スキー/スノーボード/フィギュアスケート/モータースポーツ/騎手など

SPECIAL TALK 02 / 卒業生対談

西銘 駿 × 相笠 萌

芸能界で活躍中の先輩に、日出のこと聞いてみた!

芸能・プロフェッショナルコース SPECIAL TALK
西銘 駿 さん

西銘 駿 さん

Profile

沖縄県出身。2014年、第27回JUNONスーパーボーイコンテストでグランプリを獲得。2015年には『仮面ライダーゴースト』の主役に抜擢され、俳優・モデルとして大きく飛躍している。

相笠 萌 さん

相笠 萌 さん

Profile

神奈川県出身。2011年より6年間、国民的アイドルグループのメンバーとして活躍。2017年3月にグループを卒業。現在は大学に通いながら舞台、テレビに出演するなどマルチに活躍中。

Q.中学校の頃はどんな生徒でしたか?

相笠:中学校の思い出はあまりないですね。仕事で覚えなければならないことがたくさんあり、学校へ行っても授業中に寝てしまうし。いつも2限で早退していたので。学校ではみんなに見られている、という感覚があって、のびのび過ごすことができませんでした。
西銘:中学は地元沖縄。高校入学と同時に、芸能界を夢見て上京しました。高校2年生になるときにジュノンボーイに選ばれ、さらに仮面ライダーゴーストの仕事も決まり、日出へ転校してきました。初めての大きな仕事で、とにかく忙しくて。休みの日にも台本を読まないといけないし、体も休めたいし。それなのに、学校へ行かないといけない、レポートをやらないといけない、ということがつらく感じたこともありました。
教員:ふたりとも、仕事を始めたばかりの時期は、仕事に夢中になって、学校に気持ちが向かなかったようですね。相笠さんはそれが中学生の頃で、西銘くんは転入してきた高校2年生の頃。それからしばらく時間が経ち、学校に気持ちが向いてきたきっかけは?
相笠:仕事に追われていた頃は、学校なんて行かなくていい、と思っていたけど、グループに後輩がどんどん入ってきて、将来のことを真剣に考えるようになりました。今では、高校を卒業しておいてよかったと思えるようになりました。
西銘:芸能界に入ったばかりのころは、「高校より芸能の道」という気持ちが強かったけど、大きな仕事を終えて、落ち着いて考えたときに、芸能以外にも道をつくっておかないといけない、勉強もちゃんとやって、高校を卒業しておくべきだ、と思いました。どんなに忙しくても、「高校へ行かない」という選択はしないほうがいいと思います。

Q.日出に入学してよかったことは?

相笠:担任の先生が事務所の人と連携をとって、スケジュールの調整をしてもらえること。それから、芸能活動をやっている、グループ以外の友達がたくさんできました。クラスメイトと仕事場で会うのもうれしかった。こういう利点は「芸能・プロフェッショナルコース」のある日出高校ならではですよね。
西銘:高校3年の体育大会がきっかけとなり、たくさん友達ができたこと。仕事の都合で半日しか出られなかったけど、とても楽しかった!
教員:通信制なのにたくさん友達ができるというのが大きいようですね。スクーリングで顔を合わせるクラスの雰囲気はどうでしたか?
西銘:クラスには女子が多くて、それまでなかなか話しかけられなかったんです。でも、ふだんあまり話さないのに、体育大会では女子がみんなで大きな声で応援してくれたことがとてもうれしかった。男子は体育大会で一気に仲良くなって、それからは仕事の話をしたり、ふざけ合ったり。仕事は相変わらず忙しかったけど、学校の友達がいたから頑張れました。
相笠:私は調理実習が楽しかった!!クラスの仲間とワイワイおしゃべりしながら料理をする時間が楽しくて。
西銘:日出じゃなかったら、仮面ライダーをやりながら高校卒業することはできなかったと思います。先生が一人ひとりをちゃんと見てくれて、学校のことがおろそかになったらこまめに連絡もしてくれました。
相笠:私も日出を選んで良かった。「芸能・プロフェッショナルコース」には、同じ業界を目指し、活動する人が多いから、分かり合える部分も多かったように思います。
相笠 萌 さん

インタビューは高校生活を過ごした教室で行われました。卒業してからさほど時間は経っていませんが、なつかしそうな様子でした

相笠 萌 さん

日出高校で学業と芸能活動を両立した相笠さんと西銘さん。学生時代の話で盛り上がり、終始笑い声の絶えないインタビューとなりました