レポートとスクーリング

レポートとスクーリングで無理なく学べる!

日出高校通信制課程では、みなさんの内にある「知りたい欲求」を引き出し「ZEST」を伝える授業を展開しています。さらに自宅学習のレポートでは、個々のペースで無理なくしっかりと学習できます。日出高等学校を卒業する時には、自分から知りたい欲求を満たそうとする「ZEST」あふれる人間に育っていることを期待しています。

単位修得の流れ

(1)レポート +(2)スクーリング +(3)単位修得試験
(1)レポート 【月2~3回提出】 (2)スクーリング 【月に2~3回登校】
<合格基準>科目ごとに設定されたレポート数を提出し、かつ合格点に達すること。 <合格基準>科目ごとに設定された時数分のスクーリングに出席すること。
<オリジナルレポート>

1回の提出通数は平均して6~7通

<オリジナルレポート>

提出回数は年間12回。1回の提出で6~7科目のレポートが課されます。継続的に学習を進めるため、日出高校では提出期間を2週間に1回と細かく定めています。自宅でひとりでも取り組めるよう、「学びの楽しさ」を感じるレポートを独自で制作しています。基礎・基本を扱う問題から、自ら調べてまとめることが求められる問題まで多様です。また、図やグラフ、パズル、コラムなどを用いて、生徒が思わず熱中する内容になっています。

<オリジナルレポート>
<通常スクーリング>

年間約14日/土曜日中心

<通常スクーリング>

月2~3回の4時限の授業

土曜日の午後を中心に、1日4時限の授業を月2~3回行います。授業は日出高校の教室を使い、クラスごとに行います。科目によって年間の授業時間数は異なりますが、それぞれに定められた時数分、出席することが必要です。授業の回数が少ない分、1回の欠席が単位修得に大きく関わるので、やむを得ず欠席した場合には、平日の「特別スクーリング」に出席して補うことができます。

<通常スクーリング>

わかりやすい授業

歴史の流れや、数式の解き方、英語の文法などは、自宅でのレポート学習ではなかなか理解しにくいものも多いです。自学自習が中心の通信制教育において、「教わる」という貴重な時間であるスクーリングでは、「わかりやすさ」を第一に、生徒一人ひとりが理解できるよう、丁寧に教えています。

<通常スクーリング>

グループ・コミュニケーション

スクーリングは「教わる」という点において貴重な時間であるとともに、「クラスメイトと会える」という点でも、希少で大切な時間です。授業の中では、グループをつくって、互いに意見を交換したり、相談して答えを導き出したり、音読の練習をしたりする活動を取り入れています。自分から話しかけるのは苦手という生徒が、授業の活動の中で言葉を交わしたことをきっかけに、クラスメイトと打ち解けた、という声もよく聞かれます。

<体育スクーリング>

年間約2~3日/平日中心

<体育スクーリング>

仲間との大切な思い出にもなる体育スクーリング

体育の授業は平日の午後を中心に年間2~3回行います。主に日出高校の体育館を使い、バスケットボール、バレーボール、バドミントンなどの球技で楽しく汗を流します。また、全学年の生徒が参加する「体育大会」も、体育の授業時間に含まれます。
<特別スクーリング>

平日中心

<特別スクーリング>
通信制の授業(スクーリング)は回数が少ないため、1回の欠席で単位を落としてしまう、ということもあります。そんなときは、「特別スクーリング」に出席することで、欠席を補うことができます。

詳しくはこちら

ひと月のスケジュール
「登校しなければならない日」は月に2~3回。土曜日の午後のスクーリングと、平日の体育スクーリングに参加し、それ以外は自宅でレポート学習に取り組みます。また、平日は、希望者を対象にした『特別スクーリング』や『平日授業』を行い、自習室を開放しているので、「もっと学校に行きたい」という人は毎日登校することもできます。
ひと月のスケジュール

カリキュラム(平成29年度の実例)を見る

(3)単位修得試験
試験は学年末の1回のみ。1年間のレポート・スクーリングで学習した内容から、出題範囲を指定し、試験に向けて学習できるようにしています。3年生は進学の準備のために、年2 回行います。

単位修得

単位修得のためには、月に2〜3回のスクーリングに出席し、年間12回のレポートを提出することが条件となります。自分の時間を大切にしながら、無理のないペースでしっかり学んでいきましょう。

Point !レポート・スクーリング管理表で、単位修得をしっかりサポート!

生徒全員が単位を修得できるよう「レポート・スクーリング管理表」を導入しています。担任が学習のすすみ具合を科目ごとにチェックし、保護者の方とも情報共有。単位を修得できるようサポートしています。